転職活動の正解はどっち?「仕事辞めてから」と「仕事しながら」

転職活動

転職をしたいけれど、今の仕事はどうしたら良いのだろうか・・・

  • 仕事を辞めて、時間をかけて転職活動を行うのが正解?
  • 仕事しながら、合間時間で転職活動を行うのが正解?

このように転職を考えるとき「仕事辞めてから」転職活動を行う方が良いのでしょうか。

それとも「仕事しながら」転職活動を行う方が良いのか、迷んだことはないでしょうか。

今回は、仕事を辞めてからの転職活動と仕事を続けながらの転職活動、どちらを選んだ方が良いのか…

それぞれのメリットとデメリットから解説していきます。

転職活動は「仕事辞めてから」と「仕事しながら」のどちらの方が良いのか

「仕事辞めてから」転職活動を行う場合と、「仕事しながら」転職活動を行う場合では、どちらの方が良いのでしょうか。

結論から言うと、あなたの状況によってどちらの方法で転職活動をするべきかが変わります。

無責任と思われるかもしれませんが、本当に一人一人の現在の状況次第で変わってきます。

あなたの今の仕事の状況や、養うべき家族がいるのかいないのか、経済的な面など、さまざまなことを考慮して考えるべきだからです。

「仕事辞めてから」も「仕事しながら」も、どちらにもメリット・デメリットがあります。

自分の状況と、それぞれのメリット・デメリットを照らし合わせながら、じっくり考えていきましょう。

「仕事辞めてから」転職活動を行うメリット

退職願を提出する男性

では、はじめに「仕事辞めてから」転職活動を行うメリットについて見ていきましょう。

メリット1:転職活動の準備を入念にできる

仕事を辞めてから転職活動を行うことの最大のメリットは、やはり時間の余裕ができることです。

転職活動をするにあたり、転職先の企業情報をしっかり調べて対策をしたり、履歴書や職務経歴書などの書類を時間をかけて用意することができます。

メリット2: 自分のペースで転職先を探せる

これも先ほどのメリットと通じますが、仕事を辞めてから転職活動を行うと時間に余裕ができます。

そのため、時間に追われることなく、自分のペースで転職先を探すことができます。

日中に仕事をして、疲れて帰ってきてから転職活動を進めるのは、想像以上に大変です。

その心配をしなくて良いのは、時間的だけでなく精神的にも大きなメリットではないでしょうか。

メリット3:面接を受けやすい

面接を受けやすいというのも、仕事を辞めてから転職活動を行う大きなメリットです。

仕事を辞めてから転職活動を行うと、転職先の面接日程にフレキシブルに対応できることができます。

働きながら転職活動を行うと、どうしても遅い時間や休日、有給休暇を取得して面接を設定する必要があります。

スムーズに転職活動をする上でメリットになります。

メリット4:急募求人では有利になることも!?

求人募集の中には、新しい従業員を急募しているものがあります。

仕事辞めてから転職活動を行っている場合、内定が出たあとすぐに働くことができます。

働くまで期間が短いことは、急募案件では選考が有利になる可能性もあります。

「仕事辞めてから」転職活動を行うデメリット

「仕事辞めてから」転職活動を行うことのメリットについては理解できたと思います。

一方、仕事辞めてから転職活動を行うデメリットは何があるのか、順に見ていきましょう。

デメリット1:経済的な面で不安になる

仕事辞めてから転職活動することの最大のデメリットは、経済的な面で不安になることです。

収入が途切れることになりますので、転職先での給料が振り込まれるまでの生活防衛費が一定以上なければなりません。

貯金がたくさんあれば良いですが、そうでない場合は、経済面の不安から「早く働かないと!」という気持ちが大きくなっていきます。

デメリット2:焦って転職先を決めてしまう

時間的な余裕があることが、仕事辞めてから転職活動を行う上でのメリットでした。

しかし、時間が経ち、経済的にどんどん苦しくなってくると、早く収入を得なければと焦って転職先を決めかねません。

すると、望んでいない企業からの内定をしぶしぶ承諾し、のちに後悔することになります。

デメリット3:転職が決まるまでに間に空白の時間ができる

仕事を辞めてから転職活動を始めてすぐに転職先が決まれば問題ありませんが、そうでない場合、無職の期間が長くなってしまいます。

履歴書、職務経歴書で空白の期間があることが、面接官に与える印象を損ねる可能性もあります。

「仕事しながら」転職活動を行うメリット

パソコンに向き合う女性

「仕事辞めてから」の転職活動のメリット・デメリットについて見てきました。

では、次に「仕事しながら」転職活動を行うことのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット1:収入が途切れない

仕事しながら転職活動をする上での最大のメリットは経済的な面で負担がないことです。

収入が途切れませんので、生活の心配をせずに安心して転職活動を行うことができます。

メリット2:急いで決めなくても良い

経済的な面での心配が必要ないため、急いで転職先を選ばなくても大丈夫です。

自分の希望に合った転職先をじっくりと時間をかけて選ぶことできることはメリットと言えるでしょう。

メリット3:職務経歴上空白の期間はできない

当たり前ですが、職務経歴上で仕事をしていない空白の期間はありません。

「無職の期間」のというのは、多少なりともマイナスのイメージが付きやすいように思います。

「仕事しながら」転職活動を行うデメリット

「仕事を辞めてから」「仕事をしながら」それぞれの転職活動の違いについてなんとなくイメージがついたと思います。

最後に仕事をしながら、続けながら転職活動を行った場合のデメリットについて説明します。

デメリット1:書類の準備に時間がかけられない

仕事しながら転職活動を行うと、どうしても転職活動に使える時間が少なくなります。

履歴書や職務経歴書などの書類の準備にかけられる時間が減り、書類内容のクオリティの維持が難しくなる場合も…

デメリット2:面接を受けるスケジュール調整が難しい

どうしても仕事しながら転職活動をすると、面接の日程調整が難しいです。

転職先の企業の就業時間が、現在の仕事の就業時間とかぶってしまっていると、なかなか日程を組むことができません。

スムーズな転職活動を目指す上では、デメリットと言えます。

デメリット3:入社日がネックになることも

仕事しながら転職活動を行うということは、転職先での内定をもらえた後に現在の職場へ退職の意向を伝えることになるかと思います。

そうなると、一般的には退職の申し出をしてから1ヶ月後が退職日になります。

当然、入社日は退職後となりますので、すぐにでも人材が欲しい企業だと、選考の際に入社日がネックになる可能性も考えられます。

「仕事辞めてから」転職活動する時のメリットの一つであった「急募求人で有利になるかも」の反対の状況です。

迷っているならまずは「仕事しながら」を選ぶべき

どちらにするか迷って決められないという人は、まずは「仕事しながら」転職活動を始めてみるのも手です。

実際に転職活動を始めてみて、“今の仕事をしながらではやはり難しい”と感じてから仕事を辞めても遅くはありません。

転職活動がスムーズにいけば一番いいのですが、実際始めてみたら予想よりも苦戦するということも十分にあり得ます。

経済的に十分な余力がないのであれば、仕事しながら転職活動をすることにメリットは大きいと思います。

人間関係が原因で転職を考えているのであれば、精神的に楽な方法をとることも大事

時間の自由度、経済的な面などで”仕事しながらの転職活動」、「仕事辞めてから」のメリット、デメリットをいくつかご紹介しました。

しかし、例えば人間関係の問題などで悩み、転職を考えている場合もあると思います。

そういった場合には、精神的に落ち着く方法を選択してよいと思います。

心身を病むほどの問題を抱えているとしたら、その苦痛を抱えながら転職活動もするとなると負担は大きいです。

明るい気持ちと表情で面接に挑むことは転職活動を成功させる上で重要ですので、そのような場合には、「仕事辞めてから」転職活動を行うことのメリットは大きくなります。

まとめ

今回は、転職活動をする時、「仕事辞めてから」か「仕事しながら」のどちらがよいのかということについてお話しました。

ご紹介した通り、どちらにもメリット・デメリットがあり「こちらが正解」というひとつの答えは出せない問題です。

しかし、その逆を言えば、どちらを選んでも正解だと私は思います。

ぜひ今回の記事を参考に、自分に合った方法を選んでみてください。

そのほか、転職に役立つ情報をまとめてますので、参考にどうぞ。

https://musubi.blog/jobchange-agent/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA