【おすすめ】生産性が大幅に上がる時間管理術、ポモドーロ・テクニックとは?

日々の仕事や勉強において、集中力は生産性向上に大きく役立ちます。

  • 働く環境が大きく変わり、慣れない環境下で集中できずに困っている…
  • 最近、生産性が下がっている…

という方も多いのではないでしょうか。

そんな方に是非おすすめしたいのが“ポモドーロ・テクニック”という時間管理術です。

「短時間の作業と休憩を繰り返しながら、目の前のことに取り組む」というシンプルな方法ですが、実行すれば大幅に生産性を上げることが可能です。

今回は、そんなポモドーロ・テクニックについて、やり方やメリットを紹介します。

効果的な時間管理術「ポモドーロ・テクニック」とは?

ポモドーロ・テクニックとは、短めの作業(25分)と短い休憩(5分)を繰り返す時間管理術です。

このテクニックを活用することで、集中力が長いこと持続し、大幅に生産性が向上することが分かっています。

忙しくて考えることが多かったり、マルチタスクになってしまっている方に是非ともおすすめしたい時間管理術です。

そもそも「ポモドーロ」って何?と疑問を抱いている方に向けて、用語の意味を簡単に解説します。

ポモドーロとは、イタリア語のトマトを指す

トマト キッチンタイマー

ポモドーロ・テクニックは、イタリアが発祥となります。

イタリア人のフランチェスコ・シリロ氏がトマトの形をしたキッチンタイマーを使用していたことから、ポモドーロ・テクニックが考案されました。

具体的にどうやるの?

ポモドーロ・テクニックは、「25分の作業+5分の休憩」を1セットとし、最大4回繰り返します。

ここで注意点が1つあります。

「25分の作業+5分の休憩」 の1セットの中で行う作業は、1つに絞りましょう!

1つの作業が25分以内に終わってしまった場合には、そこで一旦中断し、休憩を挟んだのちに再度別の作業に取り掛かるようにしましょう。

なぜなら、限られた時間の中で1つの作業に集中し、かつこまめに休憩を取ることで、集中力の高い状態が長く持続するためです。

集中力が持続することで、結果的として生産性向上へと繋がります。

ちなみに、4セット繰り返した後は長めに30分程度の休憩を取りましょう。

「30分も休憩を取れないよ!」という場合には、10分でも良いので席を立ち、ストレッチを行うなど出来る限り長い休憩を取ることをおすすめします。

  1. 取り掛かる作業を選ぶ
  2. タイマーを25分に設定する
  3. タイマーが鳴るまで、選んだタスクのみに集中する
  4. タイマーが鳴ったら5分間休憩する
  5. 1~4を4回繰り返した後は、長めの休憩を取る

時間管理術のなかでも、ポモドーロ・テクニックは、気軽に始められるためおすすめです。

内的中断を避けよう!

外的中断、内的中断という言葉をご存じでしょうか。

生産性向上を考えるうえで、必須の知識となりますので、知らない方はぜひ覚えていってください。

【外的中断】
電話や突然の来客など、自分の意思ではコントロールできないこと

【内的中断】
LINEの通知やランチに何を食べようかと作業中に別のことに気を取られて集中力が中断すること

「25分の作業+5分の休憩」この1セットを1ポモドーロと言い、ポモドーロは電話や来客などの外的中断により1からやり直しとなってしまいます。

また、作業の途中でメールをチェックをすることや誰かに連絡する用事を思い出してその作業に取り掛かることは、内的中断でも外的中断と同様に作業が1からやり直しとなってしまいます。

ただし、外的中断と違い、内的中断については、自分自身でコントロールすることができます。

作業中に誰かへの連絡を思い出した際には、付箋をメモをして取り掛かっていた作業へ戻りましょう!

1ポモドーロ中に取り掛かっている作業を変えないことを意識してみてください。

取り掛かる作業を変えてしまうと、元の作業に取り掛かろうとするとき「あれ、どこまでやったっけ?」と思い出すことから始めることになります。

これは、想像以上に疲れるものです。

1ポモドーロのなかでは、1つの作業のみに集中し、シングルタスクを徹底しましょう。

シングルタスクを徹底することで、生産性を大幅に向上させることができます。

おすすめのタイマーは?

多くの方は、普段タイマーを使わないのではないでしょうか。

25分と5分を測ることができれば良いので、どんなタイマーでも良いのですが、仕事中にスマートフォンを取り出すことは憚られるため、パソコンに搭載されているタイマー利用をおすすめします。

特にWindowsパソコンに標準搭載されているアラーム&クロックは、シンプルかつ使いやすいので、とてもおすすめです。

アラーム&クロック
アラーム&クロック

色んなアラーム、時間管理ツールがありますが、何よりもシンプルな点は嬉しいですよね。

もちろん、凝ったタイマーを使いたい場合には、お好きなツールをお使いください。

テレワークの普及に伴い、セキュリティがより厳しくなり、「社用パソコンにソフトをインストールしてはいけない」といった話もよく聞きますので、そんな場合は標準搭載されているアプリを使いましょう!

おわりに

ポモドーロ・テクニックは、シンプルで実践しやすく、効果にも直結しますので、まずは気軽に試してみてください。

「25分の作業+5分の休憩」を4回繰り返し、長めの休憩(30分)を取るポモドーロ・テクニックを活用することで、生産性を大幅に上げ、大きな成果をあげることができるでしょう。

いまや情報化が進み、膨大な情報が流れ込んでいる時代になったため、つい意識が散漫になりがちですが、この時間管理術を用いることで、生産性を落とさずに作業に取り組むことができます。

マルチタスクは、どうしても生産性が落ちてしまうため、ポモドーロ・テクニックを用いて目の前のタスクに集中できるように心がけましょう。